徹底検証!便通をよくして、お通じの悩みを解決する方法

お通じ・便通スッキリ大辞典 » まず知りたい便秘の基礎知識 » お通じの異常とは

お通じの異常とは

こちらのページでは、便通の異常である「機能性便秘」と「器質性便秘」について取り上げています。

排便の異常をもたらす機能性便秘と器質性便秘とは?

便秘の原因や種類は人それぞれさまざまあるのですが、便秘の種類は、大きく二分すると、腸そのものに通過障害があるとされる「器質性便秘」と、腸以外の機能である自律神経などに原因があるとされる「機能性便秘」に分けられます。

「器質性便秘」は、先天的に排泄に必要な腸の運動が起こりにくく、腸内に便やガスが滞留してしまう先天性の器質性便秘「巨大結腸症」や、腫瘍やポリープによる通過障害によって起こる大腸がん、直腸がんが原因で起こる後天性の器質性便秘などがあります。

いわゆる大きな病気や先天性の疾患ではないのに便秘症であるタイプの方は、「機能性便秘」に分けられます。

機能性便秘や過敏性腸症候群ってどんなもの?

「機能性便秘」とは一体どんなものなのでしょう?機能性便秘は、急性便秘と慢性便秘に分けられます。

「急性便秘」とは、食生活の変化や精神的名ストレスなどが原因で起こる一時的な便秘のことをいいます。
ダイエットを始めて急激に食事量を減らしたり、水分摂取量が減ったことで起こる便秘は急性便秘といえます。

女性の場合は妊娠中や、月経の前になってしまう便秘は一時的なものなので、急性便秘に当てはまります。
急性便秘の場合は、その原因となっている要因が解消されることで、自然に元に戻ります。

一方の「慢性便秘」とは、大腸の機能異常が原因で起こる長期にわたって続く便秘のことをいいます。
慢性便秘は、さらに細かく分けると、「弛緩性便秘」「直腸性(習慣性)便秘」「痙攣性便秘」の3つに分けることができます。
一般的な人の便秘は、ほとんどの場合、この三つのいずれかに当てはまると言われています。

それぞれの症状について、紹介します。

弛緩性便秘

腹筋力の低下によって全体的に便を送り出す力が弱まり、腸の動きが悪くなることが原因で起こる便秘のことをいいます。
腹痛などの強い症状がでることはまれですが、便秘が長期的になると、膨満感や食欲不振などの症状が起こります。高齢者や女性、妊娠経験者に多くあてはまる症状で、多くの人がこのタイプに当てはまります。

直腸性(習慣性)便秘

直腸内に糞便が送られても、正常な排便反射が起こらないために、直腸内に便が停滞する便秘のタイプ。便意があるのに、時間がないなどの理由で排便を我慢することを繰り返しているうちに、直腸が鈍感になってしまい、なかなか排泄できない状態に陥っているのがこのタイプです。長い間、腸内に溜まっている便は水分が吸収されて硬くなるため、便が硬くなることも特徴です。

痙攣性便秘

弛緩性便秘とは反対に、大腸のぜん動運動が強すぎるために起こる便秘のタイプ。睡眠不足やストレスで、副交感神経が過剰に緊張し、腸が痙攣した状態になって便通が悪くなることで起こります。このタイプは、便意は強いものの、なかなか出すことができず、出たとしてもごく少量であることが多いようです。

また、ストレスなどの精神的な要素のほかにも、下剤要素が強い便秘薬の乱用などによって発症する「過敏性腸症候群」が起こる可能性もあります。
過敏性腸症候群には、下痢型、便秘型、交代型(下痢と便秘が交互にくる)タイプなどがあり、便秘であるにも関わらず、軟便になる病状もあるようです。

過敏性腸症候群は、ストレスや自律神経の乱れが大きな要因とされているようですが、暴飲暴食などによる腸の刺激なども原因として指摘されているので、注意しましょう。
過敏性腸症候群タイプの便秘型は、腹痛を訴えることが多くあり、とくに食後に痛むことがよくあるのだそうですよ。

排便痛も子宮内膜症などの可能性があります

また、便をする時に痛みを感じることが多い「排便痛」を感じることが多い方は、子宮内膜症や子宮筋腫、骨盤内感染症などの病気が潜んでいるケースもあるので、早めに専門医に受診することをおすすめします。

子宮内膜症とは、通常は子宮内にできるべき子宮内膜が子宮外にできてしまう疾患です。子宮内膜症を患っている女性は、排出されるはずの子宮内膜が体内に溜まってしまいます。こういった要因から、排便時に膣の奥の方やお尻の奥の方に疼痛を感じる場合には、子宮内膜症などの病気が潜んでいる可能性があるといえます。

また、排便痛を感じる疾患としては「骨盤内感染症」があります。この病気の原因は複数あります。感染症のクラミジアによるものや、中絶手術後、不衛生な性行為によって、細菌感染をしていることなどが挙げられます。
骨盤内感染症によって排便痛が起こるのは、卵管や子宮周辺で起きた炎症によって癒着してしまい、引っ張られて痛みを感じることが多いようです。排便時や性行為時に痛みがあるという場合は、迅速に病院に行かれることをおすすめします。

さらに、便の色が明らかにおかしい場合も、病気が潜んでいる可能性があります。肛門科がある病院を受診するなど、早めに医師に診てもらうとよいでしょう。

イチオシ!
便通を改善する方法
サプリメント

便通を改善する方法お茶

便通を改善する方法便秘薬

便通を改善する方法漢方薬

便通を改善する方法病院

便通が良くなる食べ物・飲み物リスト

お通じを改善する日常生活のヒント

お通じを改善する成分リスト

まず知りたいお通じの基礎知識

ホントは怖い!便秘が引き起こす困った症状とは

要注意!便秘になりやすい人とは

腸内環境を整えるとお通じが良くなる