徹底検証!便通をよくして、お通じの悩みを解決する方法

お通じ・便通スッキリ大辞典 » 【特集】腸内環境を整えるとお通じが良くなる » 得られる効果とは?

得られる効果とは?

ここでは、腸内環境が良い状態は腸内で何が起きているかを解説します。また、腸内環境を整えると得られる効果についても紹介します。

腸内環境が良い状態とはどんな状態のこと?

美容や健康といった面から考えた場合、腸内環境を整えることが、便秘を解消し、身体を整えることにつながります。

そもそも私たちの腸内にはさまざまな細菌が住んでいます。腸内に住んでいる細菌は、腸内菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。
その細菌には、大きく分けて三種類の菌があり、善玉菌、悪玉菌、日和菌と呼ばれています。これらの菌によって腸の働きや身体の健康状態が左右されるのです。
そして、この腸内にいる細菌のバランスを腸内環境と言い、「腸内フローラ」と呼ばれています。腸内に住んでいる細菌の種類は、その人その人でまったく違います。
また、この細菌の種類は、年齢、食生活を含めた生活習慣、ストレスなどの精神状況などによっても変化します。そのため、生活を改善することで、腸内フローラの状態を変え、腸内環境を整えることができるのです。

腸内にはさまざまな細菌が住んでいます

それでは、腸内に住んでいる主な細菌の種類とその働きについて説明しましょう。
善玉菌は、その名称通り、人体に良い影響を及ぼす細菌で、善玉菌が多いと腸内環境も良くなり、免疫力が上がり、血液がさらさらになります。
また、腸内環境が良いと消化が早くなり、栄養素の吸収も良くなります。つまり、便秘にはならず、健康的な肌をつくることができるようになるのです。

代表的な善玉菌には、ビフィズス菌や乳酸球菌、乳酸桿菌、ガセイ菌があります。
一方、悪玉菌は、人体に悪影響を与える腸内細菌を指します。発ガン性物質や腸内に炎症を起こす物質を作ったり、ガスを発生させたりします。また、悪玉菌が増えると、腸の働きが鈍り、便秘や下痢、肌荒れを起こします。
そして、日和菌は、人体に良い影響も悪い影響も与える可能性のある腸内細菌です。中立の立場をとるのではなく、優勢な側に加勢をします。

通常、健康な人の腸内では、善玉菌が悪玉菌を抑える形で、バランスが維持されていますが、何らかの原因によって、悪玉菌が優勢になると、健康に有害な物質が増えてしまいます。
これらの物質は、オナラがひどい臭いになったり、もっとひどいと肝臓、心臓、腎臓などの内臓に負担を与え、癌をはじめとする様々な生活習慣病の原因になることもあります。

つまり、腸内フローラのバランスを崩れてしまうと、便秘だけでなく悪質な病気を引き起こしてしまうのです。逆に腸内フローラのバランスを整え、腸内環境を改善すれば、病気を予防し、健康になることができます。

腸内環境の改善は様々な効果を発揮します!

それでは、腸内環境を改善し、腸内フローラのバランスを整えるとどのような効果が得られるのでしょうか。
まずは、先に挙げたように様々な病気を予防し、健康な身体を作ることができます。もちろん、便秘や下痢といった腸のトラブルも解消することができます。

さらに、腸内フローラのバランスが良くなることで、腸内にいる免疫細胞の働きを高めることにつながり、免疫力が高まります。
免疫力を高めることで花粉症やアトピーなどのアレルギー症状の軽減にもつながります。

また、女性にとっては嬉しい、肌トラブルやダイエットにも効果があるとされています。これは、便秘が解消されることで腸内に溜まっていた老廃物を排泄しやすくなるため、腸の内側からキレイになり、肌トラブルが解消されるのです。

適度な運動をすれば新陳代謝が良くなり、脂肪を燃焼しやすい身体が作れるため、ダイエットにも効果的だと言われているのです。

腸内環境を整えることは、私たちにとっていいことづくし。便秘解消だけでなく、様々ないい効果をもたらしてくれるのです。

あなたの腸は健康?あなたの〝腸年齢”をチェック!

イチオシ!
便通を改善する方法
サプリメント

便通を改善する方法お茶

便通を改善する方法便秘薬

便通を改善する方法漢方薬

便通を改善する方法病院

便通が良くなる食べ物・飲み物リスト

お通じを改善する日常生活のヒント

お通じを改善する成分リスト

まず知りたいお通じの基礎知識

ホントは怖い!便秘が引き起こす困った症状とは

要注意!便秘になりやすい人とは

腸内環境を整えるとお通じが良くなる