徹底検証!便通をよくして、お通じの悩みを解決する方法

お通じ・便通スッキリ大辞典 » 便秘を改善する日常生活のヒント » ツボ

ツボ

こちらでは、お通じを改善する「ツボ押し」についてまとめています。「ツボ押し」のメリットや、便通に効果があるツボなどもご紹介します。

お通じを改善する効果がある「ツボ押し」

人間の体には、約360あまりのツボがあるといわれています。頭痛や腰痛、肩こり、生理痛などを和らげるツボなどさまざまものがありますが、なかには、お通じを改善する効果があるツボもいくつかあります。

ツボ押しによって便通を改善することのメリットは、何といっても手軽さ。ツボ押しであれば、マッサージやヨガよりも手軽に、自宅や職場はもちろん、電車の中やちょっとした合い間に行うことができますよね。

以下に、便通改善・解消に効くツボをご紹介していくので、テレビを見ながらなど、ちょっとした暇な時間に積極的に押してみてくださいね。

お通じを良くするおすすめのツボ

便秘に効くツボは、全身の中でも頭や手、お腹、背中などに点在しています。それでは、それぞれのツボの場所や指圧の仕方について詳しくご紹介していきますね。

<お通じをよくする効果がある頭のツボ>

百会(ひゃくえ)…頭頂部にあるツボの中でも、最も有名なものです。百会という名前は、「多種多様な気の一堂に会する場所」という意味をもっていて、全身の気が集まる大事な場所とされています。百会をツボ押しすることで、便秘解消はもちろん、頭痛や眼精疲労、肩こり、緊張の緩和、自律神経の安定など、とても幅広い症状への効果が期待できます。

百会の場所は、両耳の穴から、頭の上に向かって垂直に線を延ばした交点にあります。まさしく頭のてっぺんというイメージです。頭頂を触ってみて、軽い痛みを感じる部分があれば、それが百会のツボです。

百会の指圧方法は、中指か中指と人差し指を立てて、刺激を与えていきます。力が入りにくい場合は、両手の中指を重ねて押すのも効果的です。

<手のツボ>

合谷(ごうこく)…親指と人差し指の付け根の骨が交わる部分のやや指に近い個所が合谷です。反対側の手の親指と人差し指で、はさんで揉むように押すことがポイントです。

神門(しんもん)…手首の関節部分の小指側で、骨と筋の間のくぼみとなっている部分が神門です。ここは、親指を立てて、グリグリと強めに押します。ペンなどを使って押しても効果があります。

<おなかのツボ>

天枢(てんすう)…おへそから指幅3本分くらい外側の部分が天枢です。左右どちらにもあるので、このツボを左右同時に、人差し指・中指・薬指の三本指を当てて押します。強さは、お腹が軽くへこむ程度に押すと効果的です。

大巨(だいこ)…天枢から指幅3本分ほど下側にあるツボで、大巨も左右どちらにもあります。大巨も便秘解消効果が得られるツボとして知られています。押し方は、両手を腰骨に置いてから、親指で左右のツボを同時に押すようにします。

<背中のツボ>

便秘点(べんぴてん)… ろっ骨の一番下から指の幅2本分下になる部分で、さらに背骨から指幅約4本分ほど外側のところにあるのが便秘点です。便秘点も左右どちらにもあります。押し方は、ウエストに手を置いて、親指で両方の便秘点のツボを押しながら、上体を左右にひねります。これを数回くり返すことで効果が得られます。

以上が、便秘や宿便の改善に効果的なツボリストです。簡単にできるものばかりなので、ぜひ気軽にトライしてみてくださいね。

イチオシ!
便通を改善する方法
サプリメント

便通を改善する方法お茶

便通を改善する方法便秘薬

便通を改善する方法漢方薬

便通を改善する方法病院

便通が良くなる食べ物・飲み物リスト

お通じを改善する日常生活のヒント

お通じを改善する成分リスト

まず知りたいお通じの基礎知識

ホントは怖い!便秘が引き起こす困った症状とは

要注意!便秘になりやすい人とは

腸内環境を整えるとお通じが良くなる