徹底検証!便通をよくして、お通じの悩みを解決する方法

お通じ・便通スッキリ大辞典 » 便通が良くなる食べ物・飲み物リスト » プルーン

プルーン

こちらでは、便通が良くなる食べ物・プルーンをご紹介します。プルーンの効率的な摂り方や選び方なども掲載しています。

便通が良くなる食べ物・プルーンの秘密

健康全般によいイメージのプルーン。便通を良くする働きの秘密は、食物繊維が豊富で、排便を促進する成分を含んでいるということ。

プルーンは、ドライフルーツの形で販売れているものが多いため、そのまま手軽に食べることができますし、ヨーグルトなどを合わせて摂取する方も多いことと思います。
また、値段も決して高くないので、お手軽で美味しいプルーンは、お通じをよくするために継続的に摂りやすい食べ物といえます。

プルーンはよく、ブドウの仲間だと思われていますが、実際にはセイヨウスモモというスモモの仲間です。生のプルーンは、ウメに似たような形をしていることが特徴です。
世界に流通しているプルーンは、アメリカ・カリフォルニア産がほとんど。
日本での産地としては、長野県や青森県、北海道などが挙げられ、生食用が多い傾向です。

便秘の改善のためには、生プルーンよりもドライフルーツのプルーンのほうが効果的です。

プルーンが便秘に効く理由は3つあります

プルーンを食べることで、便秘解消効果が得られる理由は、おもに3つあります。

まず1つめは、「食物繊維が豊富」ということ。
食物繊維は、第六の栄養素ともいわれ、大腸がしっかりと働くには欠かせない成分です。

プルーンに含まれる豊富な食物繊維には、2種類の食物繊維がバランスよく含まれています。
ペクチンなどの不溶性食物繊維は、消化されないために便の量を増やすことができます。さらに、水を吸うことで膨らんで、大腸を刺激して、ぜん動運動を活発にする働きもあります。
一方の水溶性食物繊維は、整腸作用があり、体内の不要物を取り込んで、便として排出する効果が期待ができます。

2つ目は、プルーンに含まれる注目の成分「ソルビトール」の働きです。
このソルビトールは、甘味料の一種。カロリーが低いため、一般的にアメやガムなどに砂糖の代わりとして使われています。
その一方で、ソルビトールは便秘薬・下剤にも使われる成分でもあるのです。大腸の水分の吸収を抑えて、便が固くなるのを防ぐ効果があるので、これによって、便のカサが増えて大腸のぜん動運動を活発にしたりと、便秘の改善に繋がるのです。

3つ目はプルーンが持つ「抗酸化作用」です。
プルーンには、活性酸素を吸収する働きがあり、抗酸化作用に繋がります。
アメリカ農務省の発表によると、一般的な野菜・果物の中で、もっとも抗酸化力が高いと数値であらわれたのはプルーンだったそうです。
活性酸素は脳や体の老化を進める悪い成分といわれていますが、便秘になると悪玉菌が腸内を異常発酵させて、血液中の活性酸素を増大させてしまうので、便秘の人は積極的に抗酸化物質を摂ることが必要となります。

こういった点からも、プルーンは便通の悩みを抱える人をサポートしてくれる食べ物なのです。

摂取しすぎると下痢をするので注意しましょう

ここまで、便通が良くなる食べ物としてプルーンの良い点をご紹介してきましたが、そんな優秀なプルーンでも、「摂取しすぎる」という点では、注意が必要です。

プルーンには、下剤にも含まれているソルビトールなどの成分が含まれていることもあり、過剰に摂取すると下痢を引き起こします。
何個食べたら下痢になる…というのは、人それぞれ個人差もあり、腸の状態によっても変わってきますが、プルーンは、毎日適度な摂取量を守って食べることをおすすめします。

イチオシ!
便通を改善する方法
サプリメント

便通を改善する方法お茶

便通を改善する方法便秘薬

便通を改善する方法漢方薬

便通を改善する方法病院

便通が良くなる食べ物・飲み物リスト

お通じを改善する日常生活のヒント

お通じを改善する成分リスト

まず知りたいお通じの基礎知識

ホントは怖い!便秘が引き起こす困った症状とは

要注意!便秘になりやすい人とは

腸内環境を整えるとお通じが良くなる