徹底検証!便通をよくして、お通じの悩みを解決する方法

お通じ・便通スッキリ大辞典 » 便通が良くなる食べ物・飲み物リスト » こんにゃく

こんにゃく

こんにゃくを食べることは、便通をよくする方法としておすすめ。便通が良くなる理由や、効率的な食べ方や選び方などをまとめています。

なぜ便通をよくする方法としてこんにゃくがおすすめなの?

こんにゃくは胃腸の掃除をする食べ物として、古くから知られている食材です。日本では、江戸時代の頃から「こんにゃくを食べるとお腹の中がきれいになる」などと言われてきました。

こんにゃくは、「こんにゃくいも」をすりおろして、水酸化カルシウムや炭酸ナトリウムで固めた食品のことをいいます。
ぷるぷるのゼリーのような食感になるのは、〝こんにゃくマンナン”という食物繊維が含まれているため。表面がぬるぬるしているのも、昆布やメカブなどの海藻がぬるぬるしているのと同じで、食物繊維が豊富に含まれているからなのです。

また、こんにゃく自体に含まれるグルコマンナンという成分は、水溶性ではなく不溶性の食物繊維なので、こんにゃくを食べることで、便の中の水分を適量にする効果も得られます。
便秘が長引くと、便の中の水分が減ってカチカチになってしまい、症状がより悪化してしまうケースがあります。こんにゃくには、そんな硬くなってしまった便を柔らかくして、スムーズに出しやすくしてくれる効果があるのです。

頑固な便秘に悩まされている方は、便通をよくする方法として、こんにゃくを取り入れてみましょう。

こんにゃくの1日の摂取量の目安は?

こんにゃくは、便通をよくする方法として効果的な食べ物ですが、一日の摂取量の目安としては、250g(こんにゃく1丁程度)以内にしておくことをおすすめします。
こんにゃくは、過剰に摂取すると、ビタミンなどさまざまな栄養素の吸収を阻害するようになってしまうのです。
また、食物繊維を過剰摂取することで、下痢などの症状を引き起こす場合もあるので、適度な摂取量を保つようにしましょう。

こんにゃくのおすすめの調理方法

こんにゃくは基本的に味のない食べ物なので、「あまり好きじゃない」「毎日食べるのは飽きてしまう」という方も多いことでしょう。

こんにゃくの調理方法としては、煮物が代表的ですが、ほかにも刺身こんにゃくや、田楽味噌をつけて食べるのもおすすめです。
ちょっとアレンジしたい場合は、からし醤油で炒める「こんにゃく炒め」にしたり、ヒジキなどを刻んで入れるのも良いでしょう。

調理自体が面倒という方は、ゼリータイプのこんにゃくや、ドリンクタイプのこんにゃく飲料、コンビニのおでんなども手軽にこんにゃくを摂取できる方法です。
ご飯に混ぜ込んで、炊くだけの米粒大のこんにゃくも販売されているので、気になる方は試してみてくださいね。ごはんのカロリーを3分の1程度に減らすことができるので、ヘルシーで一石二鳥ですよ。

イチオシ!
便通を改善する方法
サプリメント

便通を改善する方法お茶

便通を改善する方法便秘薬

便通を改善する方法漢方薬

便通を改善する方法病院

便通が良くなる食べ物・飲み物リスト

お通じを改善する日常生活のヒント

お通じを改善する成分リスト

まず知りたいお通じの基礎知識

ホントは怖い!便秘が引き起こす困った症状とは

要注意!便秘になりやすい人とは

腸内環境を整えるとお通じが良くなる