徹底検証!便通をよくして、お通じの悩みを解決する方法

お通じ・便通スッキリ大辞典 » 便通が良くなる食べ物・飲み物リスト » コーヒー

コーヒー

便通をよくする飲み物であるコーヒー。なぜ、コーヒーで便通が良くなるかの理由や、効率的な摂り方や選び方なども掲載しています。

便通をよくする飲み物として知られるコーヒー

コーヒーは、利尿作用がある、胃に悪い、妊娠中や授乳中は飲めない、一日数杯程度飲むことでガンが抑制できる、反対に飲み過ぎはがんになるといった効能から、便秘になる、反対に便秘解消に効果があるといったものまで、さまざまな噂があります。
これらの効能や噂は、いずれもコーヒーに含まれているカフェインによるものです。

実は、コーヒーには便秘を解消する効果と、便秘を引き起こす原因の両方を持ち合わせているようです。

コーヒーに含まれているカフェインには、胃液の分泌を活発にする働きや、利尿作用があります。コーヒーを飲むと胃が活発になり、消化が促されて便意を引き起こすというもの。
実際に、コーヒーを飲むとお腹がグルグル鳴ってトイレに行きたくなるという方や、トイレに行く回数が増えたという方が多くいらっしゃるようです。

このほか、コーヒーには、オリゴ糖が含まれています。このオリゴ糖は「コーヒーオリゴ糖」と呼ばれ、コーヒー豆のカスから抽出されたもの。砂糖よりも低カロリーで甘味料として使われているのです。
オリゴ糖は、腸内環境を整える働きで知られている成分です。腸内の動きを活発にして便意を催す作用が期待できます。

カフェインのほかにも、コーヒーに含まれるオリゴ糖も便秘解消に一役買っているのですね。

また、コーヒーに付け加えることが多い牛乳などの乳製品も便秘解消に効果が得られるので、カフェオレやカフェラテ、カプチーノをよく飲むという方も、相乗効果で便通の改善を図れるでしょう。

コーヒーの飲み過ぎは便秘を引き起こす原因にも

反対に、コーヒーを飲むと便秘になるという噂の真相はどうなのでしょうか?

コーヒーに含まれている「カフェイン」は、大腸のぜんどう運動を抑制する働きがあります。
また、コーヒーに含まれている「クロロゲン酸」には、胃腸の働きを抑えてしまう働きがあるのだそうです。

このカフェインやクロロゲン酸の影響によって、コーヒーを飲み過ぎると、かえって便秘になることも。

体質によって、コーヒーは便秘の解消、悪化どちらにもなる可能性があります。

腸の動きが鈍くなって起きる「弛緩性便秘」に悩んでる方は、便秘をさらに悪化させてしまう恐れもあるので、注意しましょう。

また、コーヒーは利尿作用があるので、飲み過ぎることが原因で水分不足になってしまうケースもあります。この場合は、便を柔らかくする水分が足りずに、便秘を引き起こすことも。コーヒーの摂取量は一日数杯までと、適量にしましょう。

便通をよくするための飲み方とは?

便通を改善する効果的なコーヒーの飲み方は、「毎日2杯~3杯程度」です。
便秘を治すためにたくさんのコーヒーを飲むと、体の水分が失われて便秘の症状が重くなってしまいます。

また、コーヒーには砂糖の代わりに「オリゴ糖を入れる」こともおすすめ。便秘解消効果をさらに高めてくれますよ。
カフェオレやカプチーノが好きな方は、牛乳などの乳製品を加えて飲むことで、より便通の改善が図れます。

コーヒーを飲む時間帯は「朝」がおすすめです。毎朝、コーヒーを飲むようにすると一日の始めに腸内環境を整えることができるので、自然な排泄のリズムを取り戻すきっかけになりますよ。

イチオシ!
便通を改善する方法
サプリメント

便通を改善する方法お茶

便通を改善する方法便秘薬

便通を改善する方法漢方薬

便通を改善する方法病院

便通が良くなる食べ物・飲み物リスト

お通じを改善する日常生活のヒント

お通じを改善する成分リスト

まず知りたいお通じの基礎知識

ホントは怖い!便秘が引き起こす困った症状とは

要注意!便秘になりやすい人とは

腸内環境を整えるとお通じが良くなる