徹底検証!便通をよくして、お通じの悩みを解決する方法

お通じ・便通スッキリ大辞典 » 要注意!便秘になりやすい人とは » 妊婦

妊婦

このページでは、便秘になりやすいといわれる妊婦や産後の人が、なぜ便秘になりやすいのかを解説します。また、おすすめの解消法も紹介します。

妊娠中は便秘になりやすいと言われます

妊娠中は、様々なトラブルが起こりますが、中でも便秘になったという人は多いようです。

妊娠すると、食物を肛門に送り出す平滑筋の収縮機能が弱くなると言われています。そして、消化管の運動に影響するホルモンも減少するため、消化管の運きが弱まります。
また、ホルモンの影響で、ママの水分もお腹の赤ちゃんに行きやすくするように脳から指令が出されるため、便の水分が失われて便秘になりやすくなるのです。

妊娠中期以降は、おなかの赤ちゃんが成長してきて子宮が大きくなります。そうすると、直腸を圧迫します。
そのため、さらに腸の運動が行われにくくなり、便秘が加速するとも言われています。

また、産後は出産時の会陰切開部分が痛むことから力を入れることができなかったり、授乳によって体が水分不足になることから便が硬くなったりすることで便秘になりやすくなります。

ママにとって、便秘は非常に多い悩みの一つなのです。

食生活を変えて便秘を解消しましょう

便秘の解消には、食生活の改善と適度な運動が良いと言われますが、妊娠中の運動は人によっては切迫早産の危険が伴います。そのため、運動をするよりも食生活を変えるのが良いでしょう。

妊娠中の便秘は、腸の動きが悪くなることと、便の水分が失われることが原因のことが多いため、これらを改善するために、乳酸菌食物繊維、そして水分を意識的に摂るようにします。

乳酸菌は、ご存知のように、ヨーグルトなどの乳製品から摂ることができます。

食物繊維は野菜です。ただし、食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があり、不溶性の食物繊維ばかりに偏って食べていると、かえって便が硬くなってしまいます。水溶性の食物繊維もあわせて摂るように心がけましょう。
水溶性食物繊維の多い食材は、アボカド、オクラ、海藻類などです。

また、水分補給は、便を柔らかくする作用のほか、脱水症を防ぐのはもちろんのこと、血液の流れをよくし、体内の老廃物を流して新陳代謝を促して疲れにくくするなど、様々な体調不良を予防することにもつながります。
健康維持のためにも、おなかの赤ちゃんの発育のためにも、十分な水分補給をしましょう。
また、産後も水分を十分に摂り、乳酸菌や食物繊維を積極的に摂ることで便秘になりにくくなります。

それでも便秘が続いて苦しい場合には、産婦人科の医師に相談してみましょう。

妊娠中の下剤使用は絶対にやめましょう

便秘の状態が続くと、腸内で溜まった便は次第に腐敗し、有毒な毒素やガスが発生し、お腹がさらに張ってきます。
そして、腸から便の毒素も水分と一緒に吸収されてしまいます。こうなると、不純物の入ったドロドロの血液が身体の中を巡ることになり、胎盤にもこの血液が流れてしまいます。
だからこそ、妊娠中の便秘はすぐにでも解消したいところです。

しかし、手軽ですぐに便秘を治すことができると考えて、下剤を飲むのは大変危険です。
下剤には、子宮収縮作用を持つ成分が配合されているものがあるためです。
子宮収縮とは、子宮の神経が刺激されて収縮することで、お腹が張ったような痛みがあります。成分を確かめずに飲むと、この子宮収縮を誘発し、流産や早産の危険が増すので注意が必要です。

便秘に悩んだら、まずは食生活を改善したり、安全な便秘解消サプリの服用や、規則正しい生活を送ることなどで腸内環境を整えましょう。

イチオシ!
便通を改善する方法
サプリメント

便通を改善する方法お茶

便通を改善する方法便秘薬

便通を改善する方法漢方薬

便通を改善する方法病院

便通が良くなる食べ物・飲み物リスト

お通じを改善する日常生活のヒント

お通じを改善する成分リスト

まず知りたいお通じの基礎知識

ホントは怖い!便秘が引き起こす困った症状とは

要注意!便秘になりやすい人とは

腸内環境を整えるとお通じが良くなる