徹底検証!便通をよくして、お通じの悩みを解決する方法

お通じ・便通スッキリ大辞典 » ホントは怖い!便秘が引き起こす困った症状とは » 残便感

残便感

このページでは、便秘が原因で起こる残便感の発生のメカニズムやその解消方法について掲載しています。

残便感は便秘の主な症状の一つです

便秘になると、様々な不快な症状が現れますが、なかでも多いのが「残便感」です。
残便感とは、便を出した後、まだ便が残っているように感じることを言います。特に女性に多くみられると言われています。

この残便感は、様々な状況で起こります。ここに、主な状況を記してみましょう。

  1. 便意はあるのに、便が出ない。
  2. 毎日、同じ時間にトイレに行っているのに、排便しきれていない感覚があり、その10~20分後にはまた排便感が襲ってくる。
  3. 排便後も、まだ便がお尻の出口辺りに残っている感覚があり、待ってもその便はなかなか出ない。

いかがでしょうか。今まで意識していなくても、「それなら感じたことがある」という人は意外に多いのではないでしょうか。
排便がスッキリしないと、非常に不快ですよね。
この残便感は、便秘の症状の一つなのです。毎日、便が出ていてもこの残便感があるという人は、便秘の可能性もあります。

残便感は便秘以外の病気の可能性もあります

残便感が起こる原因は様々ありますが、ここでは、その主な原因を紹介したいと思います。

残便感が強い場合に、まず一番に心配したいのは直腸がんや大腸がんなどのがんの危険です。
これは、直腸などにがんがあることで、便が残っていると感じるために残便感が起こると言われています。その他、がんの疑いがある症状が併発しているようでしたら、すぐに病院で検査を受けましょう。

次に、脱肛や痔が原因となっている可能性が挙げられます。また、単純に便秘になっていて、便が出し切れない場合もあります。これらの場合には、その症状を改善することで残便感もなくなってきます。

残便感を改善するには

便秘は一番多くみられる原因です。便秘は食生活と適度な運動を心掛けることで解消することができます。毎日、規則正しい生活を送るようにしましょう。

さらに、洋式の便器が日本人にとって合わないために、便を出しにくいという話もあります。そのために、残便感が残ってしまうというのです。
和式便器は日本人の直腸の形に合っているとされているので、和式便器で排便してみるか、洋式便器の足下に台を置いてヒザを曲げる姿勢をとってみましょう。
それだけで残便感が改善するかもしれません。

残便感を解消するおたすけサプリをチェック!

便秘を引き起こす過敏性腸症候群にも注意

残便感の原因の一つに、過敏性腸症候群があります。
過敏性腸症候群は便秘や下痢を引き起こす病気の一つです。ストレスや緊張などで自律神経が乱れ、それが腸に伝わって起こる不調が原因と言われています。
そこで、以下のチェック項目で自分に当てはまることがあるか調べてみましょう。

  • 下痢と便秘が交互に現れることがある
  • よくお腹が張る、おならがよく出る
  • 運動不足気味だと感じる
  • デスクワーク中心の仕事で、動くことが少ない
  • 自分は神経質な性格だと思う、細かいことにも気がつく
  • 真面目で、緊張しやすい
  • ストレスが多く、それを発散できない

このチェック項目に多く当てはまる人ほど、過敏性腸症候群の可能性が強いと考えられます。
過敏性腸症候群の可能性が高い人は、ストレスを避け、リラックスした日々を送りましょう。
そうすることで症状は改善していきます。とはいえ、なかなかできないからこそ悩むものですよね。
心療内科で診察を受けることもできますので、あまりに辛い症状の場合には通院してみるのもよいでしょう。

イチオシ!
便通を改善する方法
サプリメント

便通を改善する方法お茶

便通を改善する方法便秘薬

便通を改善する方法漢方薬

便通を改善する方法病院

便通が良くなる食べ物・飲み物リスト

お通じを改善する日常生活のヒント

お通じを改善する成分リスト

まず知りたいお通じの基礎知識

ホントは怖い!便秘が引き起こす困った症状とは

要注意!便秘になりやすい人とは

腸内環境を整えるとお通じが良くなる