徹底検証!便通をよくして、お通じの悩みを解決する方法

お通じ・便通スッキリ大辞典 » ホントは怖い!便秘が引き起こす困った症状とは » お腹が張る

お腹が張る

このページでは、便秘が原因で起こる、お腹の張りやガスについて紹介します。また、その発生のメカニズムや解消法法についても解説します。

お腹が張る根本原因は

腸に便が溜まると、お腹が張った感覚があります。
食べすぎや便秘、生理中など、その時の状況によって、皆さん、それぞれ自己診断していると思います。

そもそも、お腹が張るのは、腸内活動が停滞していたり、腸内環境が悪化して老廃物が蓄積されてガスが溜まることが原因となっています。
通常は、腸内環境を改善し、腸の活動が正常になればお腹の張りも解消されます。

しかし、頻繁に起こったり、腸内環境改善に務めても張りが治らない場合には、何らかの病気が原因となっていることも考えられますので、病院で診断してもらうのが良いでしょう。

ガスが溜まる・お腹の張りを引き起こしているものは?

お腹が張る・ガスが溜まってしまうのはなぜでしょうか?

まず、第一に考えられるのは、暴飲暴食です。過度の飲食をすると、胃の消化機能が食べた量に追いつかず、食べ物が消化しきれなくなってしまいます。特に、肉や加工品は、腸の中で不具合を生じやすく、消化不全を起こしがちです。

次に、腸の中にガスが溜まることが原因となっていることが考えられます。腸の中には多くの細菌が存在していて、この細菌が腸の中に入ってきた食物を分解すると、ガスが発生します。普段、このガスはおならやゲップといった形で体外に排出されますが、排出しきれない場合にガスが溜まり、お腹が張ってしまうのです。

それでは、なぜ、ガスが増えてしまうのでしょうか。これもいくつか原因が考えられます。

まず、イモ類を食べ過ぎたり、炭酸飲料を飲み過ぎるとガスが増えます。そして、ホルモンバランスの乱れもガスを過剰に生成する原因となります。また、ストレスが溜まると、空気を無駄に飲み込むようになることから、ガスを多量発生させることがあります。
女性の場合は、これまで書いた原因のほかに、生理や妊娠によってもお腹の張りを感じることがあると言われています。これは、それらの期間が終われば改善されるものですが、あまりに辛い場合には医師に相談するのも良いでしょう。

そして、怖いのが病気が原因でお腹が張る場合です。お腹の張りを引き起こす病気には、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、腸閉塞、大腸がんがあります。痛みを伴うお腹の張りや、便秘と下痢を繰り返すなどの症状がある場合には、病気の可能性も視野に入れましょう。

お腹の張りの解消法

お腹が張って苦しい時に、すぐにできる解消方法を紹介しましょう。

まず、張っている部分を温めて腸の働きを活発にさせる方法が有効です。外出時はシャツを中に入れたり、カイロで温めましょう。入浴時は、シャワーだけでなくしっかりと湯船につかることでお腹の張りを予防することもできます。

お腹の張りは暴飲暴食が原因だと説明しましたが、クエン酸や水溶性食物繊維を摂取すると軽くなることがあります。
これらには腸の細菌を減少させる効果があるのです。クエン酸は、レモンやグレープフルーツ、イチゴ、梅干しに、水溶性食物繊維はニンニクやゆず、ごぼう、納豆などに含まれています。よく噛んでゆっくりと食べましょう。

運動をしたり、マッサージをするのも効果的です。右半身を下にしておへその周りを中心に時計回りで円を描くように優しくなでてマッサージします。
また、おへその左右から2~3センチ離れた場所にある「天枢(てんすう)」というツボやおへそのナナメ下にある「大巨(たいこ)」、おへそとみぞおちの中間にある「中脘(ちゅうかん)」といったツボを押すのも効果があります。

どうしてもすぐにお腹の張りを解消したい場合には、薬を飲むのも一つの手ですが、薬を飲むことに慣れてしまって常に飲み続けたり、用量を超えて飲まないように注意しましょう。
便秘薬に頼りたいという方は、体質の改善も図れる便秘解消サプリを飲むこともおすすめです。

イチオシ!
便通を改善する方法
サプリメント

便通を改善する方法お茶

便通を改善する方法便秘薬

便通を改善する方法漢方薬

便通を改善する方法病院

便通が良くなる食べ物・飲み物リスト

お通じを改善する日常生活のヒント

お通じを改善する成分リスト

まず知りたいお通じの基礎知識

ホントは怖い!便秘が引き起こす困った症状とは

要注意!便秘になりやすい人とは

腸内環境を整えるとお通じが良くなる